千葉の葬儀を詳しくリサーチ 共済会に組合員として加入していたおかげで、葬儀に慌てることなく、多くの特典を享受できたという千葉県松戸市在住の加入者の成功例です。

千葉にある有名な葬儀会社への依頼しました。心温まる提案が忘れられません。

葬儀のスタイルは、ひと昔前と違ってどんどん多様化しています。

◎葬式の変化についてはこちらもCheck!>>(URL:http://papimami.jp/24701

誰にでも個性があるように、千葉にあるセレモニー会社でも、故人らしさを引き出すための打ち合わせに時間をかけるようになりました。

■決まった形式の葬儀と思っていたら、雑談から意外な提案が。

千葉県君津市に在住している者です。

先日祖父が亡くなり葬儀となったため、近くに本店のある有名な葬儀会社へ葬儀の一式を依頼することになりました。

打ち合わせにはセレモニー事業部の方が自宅まで来て下さり、何だかんだと長い時間、故人の思い出話をしてしまいました。

そんな中でたまたま故人が趣味としていた写真の話となり、かなりの秀作もあると話していたところ、後日の提案で「故人の写真展を兼ねた葬儀にしてはどうか」との提案をいただきビックリ仰天しました。

担当者の方の心温まる提案がいまでも忘れられません。

■故人らしく弔うという意味では、葬儀スタイルも多様化。

このような提案は、葬儀の多様化がすすんだいまでも珍しいことです。

大手の葬儀社だとか千葉だとかということではなく、故人を偲んで送り出すという意味では最高のプレゼントであり、セレモニーとなったでしょう。

今後はさらにこのような自由形式がすすむとみられています。

■形式ではなく、その人らしい最期を演出してあげることが大切です。故人に趣味があれば積極的にお願いしてみましょう。

葬儀は儀式であり、「儀式である以上は形式が整っていれば良い」という時代は終わりました。

葬儀社もしのぎを削る競争の中にあります。

故人にその人らしいこだわりの趣味があれば、家族からお願いしてみましょう。

取り入れてくれるはずです。

Comments are closed.

Post Navigation