千葉の葬儀を詳しくリサーチ 共済会に組合員として加入していたおかげで、葬儀に慌てることなく、多くの特典を享受できたという千葉県松戸市在住の加入者の成功例です。

実家近くのお寺で葬儀をお願いすると、非常に頼りになります。

昔から連綿とつづいてきた檀家制度は、近年においては存続がむずかしいと言われるほど“人々の檀家離れ”がすすんでいます。

しかしイザ葬儀となったときには、これほど頼れる存在はありません。

千葉にあった事例を紹介します。

■疎遠にはなっていたものの、元の実家近くのお寺さんで葬儀を。

地元の千葉に実家があってそこで一家が暮らしていたときは、月に何度となく家族の誰かがお寺さんと行き来していました。

ところが現在は、千葉の実家もお寺とは離れた千葉県内へ移転。

私も仕事の都合で東京へ移り、そこで結婚して暮らしています。

そのような事情からお寺さんとは疎遠になり、代々の墓があるだけの状態になっていました。

しかし先日実家の母が他界した折に連絡を入れると、何のわだかまりを感じることもなく、とても親切に葬儀の手配をしてくれました。

お寺さんというだけあって、葬儀について何の心配もいらなかったです。

■檀家であることの利点や安心感を味わえる葬儀の一部始終。

檀家であって代々のお墓があるということは、お寺側は“家族のことは良く知っている存在”であり、葬儀一式、戒名まで何の手続きもなく滞りなく終えられるはず。

それが最大の利点であり、他では味わえない安心感の大きさでもあります。

■代々のお付き合いが必要な檀家制度は、面倒な一面もありますが、葬儀の安心感という意味では他にかなうものはありません。

檀家がお寺で葬儀をするのが当たり前の時代には、葬儀費用のもめごとなどもありませんでした。

檀家としてのお付き合いはそれなりにたいへんではありますが、葬儀の安心感という意味では他と比較にならないでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation